職場のメンタルヘルス|自分に負担をかけていませんか【ストレスの症状は早期で気づく】

自分に負担をかけていませんか【ストレスの症状は早期で気づく】

職場のメンタルヘルス

睡眠

ストレスチェックの問題

一定規模の事業所には、原則として産業医を選任する義務があります。産業医は労働者の健康管理を主な仕事とし、必要であれば休職や労働時間の短縮などを会社に助言します。産業医になるには労働衛生コンサルタントの資格を取得するか、日本医師会などが実施する講習を受ける必要があります。従業員50人以上の事業所には、2015年からストレスチェック制度も義務付けられています。しかし精神科医が産業医になるケースは少なく、従業員の精神面でのケアが問題になっています。こうした問題を抱える企業のために、精神科医を嘱託医として紹介するサービスがあります。産業医と精神科医の連携により、ストレスチェックがスムーズに行なえるというメリットが得られます。

精神科医との連携

精神的なトラブルから休職せざるを得なくなったり、パフォーマンスを低下させたりする従業員の数は、年々増えつつあると言われています。メンタルヘルスを保てるよう職場環境を改善し、ひいては業績の向上に繋げることが、産業医の役割のひとつです。そのためには一般的な研修だけでは不十分なことも多く、精神科の専門的な知識が必要になります。まだ技術と経験の豊富な産業精神科医の数は多くありませんが、紹介サービスを通じてメンタルヘルス体制を整える企業は増加しています。精神科医との連携は従業員の不調を早めに発見するだけでなく、的確な復職判定により職場の業務効率を高め、再発を防止するためにも効果的な方法と言えるでしょう。